プラットフォーム1の使い方

No translation found for ja - VideoFrame - NotSupportedError
プラットフォーム1は、ポケットチャージャー、ホルダー、およびたばこスティックの3つで構成されています。
ホルダーは、正確に制御された温度範囲内でたばこ葉を加熱するバッテリー式の電気システムです。
これは、加熱器と温度センサーの両方の役割をもった加熱ブレードによって実現されます。
たばこスティックをホルダーに挿入すると、加熱ブレードがたばこ葉に刺さります。
電源を入れると、加熱ブレードによって、たばこ葉は最高温度300℃まで加熱されます。加熱ブレードは温度センサーとしての機能も搭載しているため、たばこ葉の温度が300℃を超えることは絶対にありません。実際、加熱されたたばこ葉の大部分は、250℃以下に留まります。
当社は、プラットフォーム1の作動時に燃焼は起きず、発生するエアロゾル内のHPHCレベルは、たばこ研究で使用される実験用標準紙巻たばこ(3R4F)の煙と比較して、平均して90~95%低減されていることを科学的に実証しました。

 

 

 

A Modified Risk Tobacco Product application is filed with the US FDA for Platform 1.


プラットフォーム1は、当社が開発した煙の出ない製品群の中でも、最も開発が進み、最も徹底的に評価が行われた製品です。

Consumers accept

成人喫煙者は煙の出ない代替品に切替えています