2016年12月5日、PMIは米国食品医薬品局たばこ製品センター(FDA CTP)にリスク低減たばこ製品(MRTP)申請を提出しました。 この申請は、FDAが2012年に発行した「リスク低減たばこ製品(MRTP)申請―業界向けガイダンス草案」に準拠して準備されました。

リスク低減たばこ製品(MRTP)申請 | ガイダンス草案 | FDA

 

この申請は、紙巻たばこと比較したプラットフォーム1のリスク低減特性の可能性について、PMIにて厳格に実施した科学的評価を反映しています。


 

米国食品医薬品局は、世界で初めてリスク低減製品、且つ・或いは曝露低減製品としての訴求(クレーム)の公的認可のために必要な、提出データのフレームワークを確立した規制当局でした。2018年1月24日、PMIはプラットフォーム1のリスク低減たばこ製品(MRTP)申請に関して専門諮問委員会(Tobacco Product Scientific Advisory Committee:以下、TPSAC)に対してプレゼンテーションを行いました。

On June 8, 2018, PMI submitted additional clinical results to the FDA to add to the extensive body of evidence already presented to the agency.

この申請に対しての科学的審査は現在も継続中です。

 

「キューブ」内外にて実施している研究

PMIで実施している研究