プラットフォーム1は、2014年に日本の名古屋市で初めて発売されて以来、日本、イタリア、およびスイス全土で展開されてきました。 2018年2月の時点で、この製品は30を超える国の主要な都市で購入可能です。既に数百万人の成人喫煙者が プラットフォーム1を使用することによって、煙のない暮らしを選択しました。

公衆衛生に大きく貢献するには、成人喫煙者が煙の出ない代替品に完全に切替えると同時に、現在の多くの非喫煙者が喫煙を始めないことが重要です。

煙の出ない製品により、新たにたばこ製品の使用を始める人が増えたり、禁煙していた人がたばこ製品の使用者に逆戻りしたりしないかなど、公衆衛生に関する論理的な疑問が提起されています。PMIはこのような懸念に取り組むため、対策を講じてきました。

例えば、意図しない結果が生じていないかをモニターするための長期的安全性調査および市販前の包括的なリスク認識と切替え行動評価プログラムを確立しました。





  

厳格な科学が、煙の出ない製品の開発と評価の基礎となっています。

煙の出ない製品の開発と科学的評価は、医薬業界が新薬の開発を行うときの手順や評価方法に準じて行われています。当社は高い科学的基準を遵守しており、当社の科学的評価プログラムは、米国食品医薬品局(FDA)が2012年に発行したリスク低減たばこ製品(MRTP)申請に関するガイダンス草案に準拠しています。

科学ライブラリー